毎日パン作りをしていると、予定外に注文が入ったり、売れたりで

酵母が足りなくなることが、まれに有ります。

ちょくちょく有るととても大変な事ですが、

どうしても予定通りにはいかない時も有ります。

通常の酵母起こしの方法が、日数をかけて作る方法ですので、

酵母が出来上がるまでに、5~6日かかります。

ですから、酵母が足りなくなった時にすぐには間に合いません。

そこでどのようにするか?

 

酵母が足りなくなった時。

 

① 酵母を増やすには、仕込んだ酵母の

  温度を上げるのが一番です。

ホシノ酵母の説明書きには、

高い温度で一日で作る方法が載っています。

これも足りなくなった時の一つの方法です。

 

ただ、余り良い味が出にくいので、緊急な場合を除いて

オススメでは有りません。

 

② もう一つの方法は、酵母を通常の仕込み方で仕込み、

その酵母に空気をいれていく方法です。

一日に、何度も仕込んだ酵母を、混ぜるのです。

すると空気が入り、酵母が増えていきます。

2~3時間に一回位の割合で混ぜていきます。

このようにすると、約一日で酵母が出来上がります。

この方法は、少々水がでてきますが、温度を上げるよりは、

味が良いと思います。

 

今までに何度か行ったことが有ります。

短い時間で酵母を起こす事は、

時間をかけて、常に作っているような良い味を

望むことは出来ません。

 

しかし、背に腹は代えられないというか、

酵母が無いことにはそもそもパン作りが出来ないのです。

シンプルな、生地を仕込み焼き上げたパンについては、

少し味が物足りないかもしれません。

 

でも、砂糖入りのパンや、レーズンパン等に使う場合は、

それほど味の違いはわかりません。

 

● 上記の方法を試しながら、常に仕込んでいる方法で酵母を仕込み

なるべく早くに、上記の方法で仕込んだ酵母と混ぜて使えると良いです。

酵母を絶やさないように、

少なくなったら小まめに仕込んでいかないとなりません。

 

少し仕込む場合は、温度設定を少し上げて下さい。

今日はここ迄、深呼吸を3回してオシマイ。

ホシノ酵母の起こし方。