今日は薄曇り、はっきりしません。

弱い太陽がほんの少しだけ顔を出しています。

だんだん寒くなり柑橘類が美味しくなる季節です。

パンに良く使われるレモンについてのお話、

 

レモンの効果、効用、

 

パン作りには レモンの汁と、皮と全体を使う

3つの使用方法が有ります。

以前からレモンは、ビタミンCが多く含まれているのは、

常識のようになっていました。

 

100gのレモンに100ミリグラムのビタミンCが含まれています。

風を引いた時には、レモン!とよく言われています。

お湯で割って飲むと良いです。

最近の研究で 他にも様々な効用が明らかになりました。

生活習慣病の予防にもなります。

 

  • 肥満予防、     食欲抑制ホルモン【レプチン】が分泌されます。
  • 高血圧予防     加齢に伴う、血圧の上昇を抑える働きが有る。

 

骨密度を上げる効果が期待される。

  • 疲労感を解消    ビタミンCの抗酸化作用で疲労感の解消に効果的。
  • 美容効果      ビタミンCの抗酸化作用で美容効果も期待される。
  • 肝臓にも      肝臓のデトックスに効果的です。

 

此の他にもまだまだ いろいろと 効果的な物質は含まれています。

毎日とは行かなくとも、気にして、

レモンを摂取するようになると、良いですね。

 

パンには、よく、レモンの皮を使います。

此の皮にも沢山の体に良い成分が含まれています。

むしろ皮の方に沢山の良い成分が含まれているようです

皮をそのまま捨てないで有効に使いましょう。

 

メロンパンを作る時にも、メロンの皮に、

レモンピールが入ります。

その他、発酵菓子にもレモンピールやレモン汁が入ります。

味と香りにアクセントにもってこいのレモンです。

 

ただ、外国産のものは、かなり農薬を多く使用していますので、

なるべく国産のレモンを買い求めてください。

レモンの本格的な季節はもう少し後です。

11月半ば過ぎから、月末あたりです。

 

パネトーネ作りに毎年、有田から無農薬のレモンを

送ってもらっていました。

最近果物や、野菜に季節感がなくなり

、いつでも買い求めることができてしまいますが、

やはり、旬のものが、一番栄養価も高くおいしいのです。

 

その時期、その時期に大いに利用しましょう。

レモンパイも、美味しいですね。

それでは今日は、ここ迄、

 

深呼吸を3回してオシマイ