子供の噛む力が無くなってきている!

 

皆様、自分の歯で普段なんとなく、食事をして

噛むことにあまり気を遣ってはいないと思います。

私も、此の年になるまで、自分の噛む力がどのくらい有るかなんて

全く、気にもとめていませんでした

しかし、4年前に、耳の帯状疱疹を患い、

顔の右半分に軽い麻痺が残り、

そのために、少しだけ、顔が歪んでいるのだと思います。

今まで経験したことの無い、自分で自分の唇をカンだり、

ほっぺたの内側を噛んだりするのです。

 

噛んだ時の痛さが、半端ないのです。

[こんな力で歯って噛んでるんだ!]と改めて思い知らされました。

人は、思いっきり噛むと自分の体重程の力で噛むそうです。

私は、45キロの力がでるのだ!

 

硬い煎餅を噛むときには、14キロの力です。

その力を支えるだけの、歯と歯茎が必要です。

最近私は、硬いものを噛むと、歯茎が痛いのです。

きっと歯茎が弱っているのでしょう。

歯科医に行かなければ、、。

 

前置きが長くなりましたが、

店番をしていて、思うのです。

子供達の噛む力が本当に無くなっていると。

 

店では、パンの試食をしてもらいます。

先日の子供二人、兄弟でしたが、[チャパタ]のかけらを食べて、

【硬い!】と言って、噛み切れないのです。

 

今まで何人にも食べてもらいましたが、

そんな子供はいませんでした。

ただ、いまの若いお母様方は、

「子供は、硬いものを食べられないんだ」と

思ってしまっているのです。

 

そのように育てられたら、硬いものを嫌いになります。

硬いものを小さな時から食べないと、

脳の発達が遅れて、IQも低くなります。

そして、視力も悪くなるというデータが有ります。

 

これらの事は、もっともっと一般に知らせるべきだと思います。

子供の歯を丈夫にするには、小さな時から硬いものを食べさせる事。

母親が率先して食べさせることの2点です。

 

私は、小さい時から スルメ を食べていました。

硬くて、食べにくいですが、焼いて食べると美味しいのです。

そんな私でさえも、歯茎が弱ってくるのです。

 

歳をとって 入れ歯や、インプラントの歯は、

自分の歯の半分ほどの力しか出ないそうです。

硬いものが食べられなくなります。

一生を自分の歯で過ごす為にも、

子供の時からの注意が必要です。

 

健康は、親が一番に子供に与えるものです。

様々な習い事よりも、どれだけ大事だかわかりません。

 

私も店で事ある毎に そのような説明をします。

なんだか歯科医のパンフレットみたくなりましたが

実感したことです。

 

今日はここ迄 深呼吸を3回してオシマイ。