今日も蒸し暑い一日でした。

 

シリアルを入れたパン。

 

シリアルには、種類がたくさんあります。

 

穀物を入れたパンの事です。

穀物とは、 植物から得られる食材の事です。

白ごま、黒ごま、亜麻の実、ひまわりの実、小麦、大麦、

ハトムギ、ナッツ類等、色々なものが有ります。

今回は、その一部を使用します。

使うものによってもパンの味の違いを楽しめます。

 

材料

  • 国内産小麦         90
  • 国内産小麦全粒粉      10
  • シリアル          30
  • 岩塩             1.5
  • 水             65
  • 生種            6

 

シリアルの内容、 ( 小麦フレーク、オーツ麦フレーク

ひまわりの種、亜麻の実、ヘーゼルナッツ、を各均等に入れる。)

ひまわりの種、ヘーゼルナッツは、予め、150℃で香りと色が着くまで、

ローストしておく。

 

冷めてから、ヘーゼルナッツは、適度の大きさにきざんでおく。

捏ねに用いる水分の10%を計り、シリアルに振りかけて全体を湿らせておく。

シリアル以外の全部の材料と残りの90%の水を入れ、混ぜ合わせる。

球状にして、転がしていく。

 

20分~30分転がし続けて下さい。

生地が伸びて、柔らかく繋がってきましたら終了。

そこで、生地を大きく広く伸ばし、そこにシリアルをのせます。

包み込んで行くようにして、混ぜ合わせるます。

 

初めは、シリアルが多くとてもやりづらいですが、

何度も生地を切りながら、混ぜ込みます

しばらくすると、だんだんに上手く混ぜ合わせる事が出来ます。

 

均等に混ぜ合わせたら、容器に入れて一次発酵をさせます。

シリアルが入っていると、発酵が早いです。

なるべく18℃~20℃で発酵させて下さい。

 

10時間~12時間で上面が動いて来ます。

生地を容器から出して、分割します。

200g~300gに分割して、形は、丸、楕円、

等が良いです。

 

パニムールに入れて焼いても綺麗です。

最終発酵を30℃80%の湿度で60分~90分で終了。

焼く前にライ麦粉を振りかけてからクープを入れる。

クープは 斜めでも真っ直ぐでも綺麗です。

 

220℃で20分ほど焼きます。

焼き色を見て、窯からだして下さい

このパン作りでの注意点は、シリアルが、水分を吸うので、

柔らかめの生地でも、発酵中に生地が締まって来ます。

そして生地の発酵が、思っているよりも早いのです。

 

低温で発酵させると、生地の味が出て美味しくなります。

是非作ってみて下さい。

それでは、今日はここまで、

 

深呼吸を3回してオシマイ。