パンに入れる塩の量は?

パンには、塩が不可欠です。

塩を入れないと、パンは膨らみませんし、

色づきも悪く、味も落ちます。

しかし パンに塩を入れるようになったのは、

それ程昔からでは有りません。

今から百数十年前との事です。

パンが生まれて、ず~っと 塩を入れないで作っていたのです。

誰がいつどのような発見から、塩を入れるようになったのでしょうか?

想像すると、{どんな風だったのか?} 楽しいです。

現在は、殆どのパンに塩が入っています。

塩の種類は、沢山有りますが、個人のパン屋さんでは、

割合に良い『精製塩でない』塩を使っています。

パンに入れる塩の量は、パンの種類により様々です。

ただ どのレシピを見ても 塩の量が割合に多く入っています。

(もう少し、少なくても良いと思っているのです。)

小麦粉 1Kに対して、2%以上入るのが普通になってきています。

フランスパン(砂糖の入らないパン)などは、2%をゆうに超えて入れています。

御飯食には塩が入っていませんが、パン食は、それだけで、どうしても塩分を摂るので、

塩の量は、極力抑えてほしいです。

塩の味と量の不思議

塩というのは、それだけで味をつけるときと、

それ以外の調味料にが入った場合の

味の付け方にかなりの違いが有ります。

同じ量の塩を入れても、その他に油脂を入れると、

塩味を余り感じなくなります。

生地を捏ねる、初めから、入れてもしかり。

クロワッサンを作る場合に、後から織り込みバターを入れてもしかりです。

塩、2%の生地で作ったパンを私は、塩辛く感じて、余り食べたくはないのですが、

塩、2%のクロワッサンは、とても美味しくいただけます。

塩分は、全く同じでも、 人間の感じ方が違うのですから、不思議です。

これらは、料理を作る時にも同じ事が言え、

砂糖と塩の割合についても 同じです。

話は飛びますが、添加物の多く入った食品には、かなりの塩分が含まれています。

そうしないと、味のバランスが取れないようです。

話がそれてしまいましたが、 減塩のパンにつきましては、

次回にこの続きを、記載します。

お楽しみに!