私は、週のうち5日は、小豆入りの玄米を食べています。

小豆は、鍋で柔らかくなるまで煮て、(茹でこぼさずに、アクを取るくらいのほうが、

小豆の栄養分が逃げません。)

小分けして、冷凍しておきます、玄米を仕掛ける時に一緒に入れます。

昼食はいつもそのおにぎりです。

 

根強い人気のアンパンに使う小豆の事。

パン屋さんで、根強い人気のアンパン。

 

ピッコリーノのアンパンはこんな お焼き風の 形をしています。

お正月には、『山名八幡宮の焼印マークが付きます。』

 

小豆で作った餡は、本当に美味しいです。

小豆は、まさにアンコの王様です。

 

 

それでは 小豆について

日本では、かなり古くから使われています。

江戸時代に 赤飯 等が、広まり現代に至って居ます。

種類としては、【大納言小豆】が有名で、粒が大きく、皮が割れづらいので

アンコにするのに適しています。

 

こちらで使用している、アンパンの餡も 北海道の大納言小豆です。

小豆は栄養の宝庫。

良質なタンパク質や、食物繊維、ビタミン類が沢山含まれています。

 

 

食物繊維の働き

  • 便秘の解消
  • 大腸がんの予防
  • 血糖値の急上昇を防ぐ、
  • 動脈効果の予防、
  • コレステロール値を下げる、

等様々な働きが有ります。

 

 

ビタミン類の働き

  • 精神的な不安を解消、
  • イライラを解消、
  • 肌のトラブルを解消し、美肌効果がある。

ポリフェノール 赤ワインより多い。

  • 活性酸素を抑え体の老化を遅らせる。

 

鉄分

  • 貧血を防ぐ。

 

カルシウム

  • 筋肉の収縮
  • 精神の安定

 

その他

  • 利尿作用によりダイエット効果が期待できる

 

まだまだ他にも良い面が沢山有ります。

日常的に小豆を、食べる事は余りないかもしれません。

しかし これだけ 栄養が有り、体に良い食べ物ですから

なるべく、日常に食べるようにした方が良さそうです。

煮るにしても、圧力鍋が有ればずいぶん楽に煮られるようです。

 

アンパンを食べてもよし、和菓子を食べてもよし。

ただお菓子類は食べすぎないことです。

和菓子の餡は、やはり、小豆がダントツの一位です。

どのお菓子を見ても、アンコを使っています。

羊羹にしても、どら焼きにしても、やはりアンコが一番使われています。

 

日本人には無くてはならない物なのでしょう

アンパン沢山作らなければ、、、。

それでは今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ