肌荒れの原因

 

1、化粧

2、食べ物

3,生活習慣

4,紫外線

 

以上  3点が 大きな理由です。

 

最近の化粧事情

 

化粧が一番の原因

 

近頃は、つけまつげを付けている人を

多く見ます。

 

買い物に行っても店員さんがつけてます。

 

以前はそれほどでも無かったように思って

いますが、最近は普通の人でもつけまつげを

付けています。

 

確かに目元がはっきりして、

綺麗には見えます。

 

しかし 着けている本人の肌にとっては

かなりのダメージが有ると思います。

 

目元は、繊細な皮膚です。

 

以前は、どうしても着けなければならない人達

女優さんとか歌手の方等、遠くから綺麗に

見えるように着けたものです。

 

余りそのような必要のない人までは、

着けなかったのです。

 

業界の販売力の強化と言えばそれ迄です。

 

これからは、若い人たちが少なくなるの

ですから当然化粧品の購買力も減ってきます。

 

企業は売上を上げて儲けなければならないので、

必要のない人に迄、販売していきます。

 

消費者も コマーシャルに影響され、

自分を見失います。

 

自分の皮膚にどれだけ影響が有るか

余り考えないようです。

 

着けまつげ以外の化粧品についても

欧米の影響で、成分がかなりひどく

なって来ています。

 

一般の人達は、成分まで気にしないで

購入しています。

 

肌によっぽどの事が無ければ

わかりませんから。

 

化粧をすれば、それなりに綺麗には

見えますので、満足をするのでしょう。

 

食べ物

 

何を食べているか・・。

とても肌には、重要です。

 

肌はとても敏感で、悪い食べ物を食べると、

肌にでてきます。

 

ブツブツになったり、カサカサに

なったり 赤くなったり、様々な

状態になります。

 

自分に合わない 薬等 飲むとてきめんに

肌にあらわれます。

 

化学物質系があまり良くないです。

ですからなるべく添加物の無いものを

食べると良いです。

 

添加物表示が沢山有るものは、

なるべく食べない方が良いです。

 

自分の事を考えるので有れば、

おにぎり一つでも 自分で作って

食べてください。

 

パンは天然酵母で国内産小麦を選んで

ください。

ご自分で作れば、一番です。

 

便利はものは、最後にはそのツケが自分に

戻ってきます。

 

自分の体に入れるものは、自分の責任です。

「楽して良い事は有りません」

 

世の中はそのようにできています。

 

生活習慣

 

一番は睡眠の確保です。

若い時には、少々の無理もできます。

 

時には良いですが、やはり常に

睡眠時間を削るようではよく無いです。

 

短時間睡眠で過ごせる人もいますが

ごく少人数です。

 

一般の人はやはりしっかり睡眠時間を

取るのが大事です。

 

寝る前の90分くらい前までにお風呂に

入ると良いそうです。

 

若い元気な方は、そのような事をしなくても

すぐに眠りにつくでしょうが・・。

 

紫外線

 

これもとても重要です。

 

日本人は白人より紫外線には強いです。

しかし、なるべく当たらないように

すると良いです。

 

クリームを塗るよりも、着るもの

手袋、帽子、日傘などを上手に

使ってください。

 

*紫外線に全くあたらないのも良くは

無いのです。*

 

以上のように肌を健康に保つ為には、

かなり努力が必要です。

 

でもやった結果は 必ず肌にでます。

 

すべてのことを習慣にすると良いかと

思います。