一日中、曇った日。

暑くもなく、涼し過ぎる事も無く、

どんよりとした一日でした。

 

おから入りのパンを

作ってみよう

おからは、大豆から豆腐を搾った

残りのものです。

 

価格は安いですが、

その割に栄養価が有ります。

 

おからを入れたパンは、とても、

歯切れが良く、噛み切りやすいので、

高齢者の人にとても好まれます。

 

おからは、日持ちがしませんので、

一般に廃棄されるのもが多いです。

(もったいないと思います。)

 

冷凍が出来ますが、かさがあり

長期保存には不便です。

 

以前秋田から無農薬の青大豆で作った

豆腐のおからを取り寄せて

使っていました。

 

当時でも、其の物の価格より、

送料のほうが高くつきました。

 

今では、送料が高くなっているので、

もっと割が合わないかもしれません。

パンを作るのでしたら、美味しい

豆腐を作っている所を探すと良いです。

 

おからの味は大豆によって随分違います。

おからが違うと、

勿論パンの味も違います。

 

良いおからを見つけて下さい。

 

材料

  • 国内産小麦        80
  • おから          20
  • 岩塩            1.5
  • 水            45~47
  • 生種(*)            6

 

ご自分で作る量に換算して下さい。

*(生種づくりは、 スマホの場合、サイトの最後に

PCの場合、サイドに

【生種作り】を 詳しく掲載して有ります。)

 

作り方

材料全部をボールに入れて、

混ぜ合わせる。

 

混ざったら、丸い球形の形にして、

ボールから出す。

 

それを転がす。 かなり長い時間

転がします。

15分~30分転がし続けます。

 

生地が柔らかくなり、指で摘んで

伸ばすと、

5、6センチ伸びるようでしたら、

捏ねは終了。

 

容器に入れて、一次発酵をさせます。

18℃~20℃で約12時間発酵させます。

(温度が一定の器械を使って下さい。)

 

【保冷温庫 アマゾンで1万円位で

販売しています。】

 

上面に変化が出て来ましたら、発酵終了。

生地を容器から取り出し、分割をします。

 

食型に入れる場合は、

(ワンローフの型)400g

なまこ型に成形の場合は、

200g~300gに分割をして

それぞれの形に成形し、

最終発酵をさせます。

 

30℃で湿度80% 60分~90分を

目安に発酵させて下さい。

 

生地に緩みが出て来ましたら発酵終了。

型入れの場合は、

型に上面がすれすれくらいに

なるまで発酵させる。

 

次に焼きます。220~230℃で

食型の場合は、35分~40分

なまこ型の場合は、大きさに

よりますが、

18分~20分焼いて下さい。

 

焼き上げて、粗熱を取った状態が

美味しいときです。

 

此のパンは、おからの違いにより、

非常に味に違いが出ます。

 

無農薬の青大豆のおからは

とても美味しいです。

 

良いおからでつくると、

美味しいパンが出来ます。

 

出来上がりのパンは、引きがなく、

さっくりしていて、

噛むとすぐに噛み切れて、

とても食べやすいのです。

 

ヘルシーなパンで、

ダイエットをされている方にも

喜ばれます。

是非定番商品にして下さい。

 

今日はここ迄、深呼吸を3回してオシマイ。