すでに10月も半ば過ぎ、あっという間に年の暮れ

歳を重ねると、日々の速さに驚かされます。

全粒粉100%のパン作りを結構長い間行っています。

 

ご存知の方は、少ないかもしれませんが、

がんの食事療法の大家【マックス ゲルソン】氏が遺した

ゲルソン療法は、とても有名です。

 

ゲルソン療法では、にんじんジュースを勧めて居ます。

(ヤフーショッピングでも無農薬の人参が、

3キロ単位で販売されていました。)

無農薬で作ったにんじんジュースは、とても美味しいです。

普通の人が飲んでも、なんだか力が出そうです。

私も大好きで、たまに作って飲みます。

 

パンに於いては、全粒粉のそれも塩の入っていないパンを

彼は勧めています。

日本でもこの療法を実行している方がいらっしゃると思います。

 

かなり、厳格で厳しいので、少しこの療法をアレンジして、

食事療法としている、

先生が、高島平の「西台クリニック」 済陽高穂先生です。

以前 成瀬でお店をしていた時に、成瀬から、

済陽先生の所に通われて居た方が

いらして、全粒粉無塩パンをよく作りました。

 

全粒粉だけでは味気が無いので、それに、クランベリーや、クルミ等を混ぜた

特注を作っていました。

ナンブ小麦の全粒粉100%ですと、かなり粉の旨味が濃くでます。

塩無しにすると、殆どパンは膨らみません。

 

普通は、ベタベタで、作りにくい事この上ないです。

水分を抑えて、粉の量を多くして、やっと作れます。

出来たパンは、とても硬く、ライ麦の、パンのようです。

でも、味がとても濃いので、

胡麻のペースト等つけると美味しく食べられます。

 

全粒粉100%の無塩パン

 

材料

  •  ナンブ小麦全粒粉細粒    100
  •  ホシノ丹沢酵母        6
  •  水                52

 

作り方

全ての材料をボールに入れて、混ぜ合わせる。

球状に固めたら外に出して、転がしていく。

硬めですから、わかりずらいですが、 20分~30分転がし、

生地が少しやわらかくなりましたら、終了です。

 

捏ね上げの温度を計って下さい。

15℃以上でしたら、一旦冷蔵庫で冷やします。

発酵させる温度を低くします。18℃位です。

全粒粉100%ですので、一次発酵は早めに出来ます。

 

全粒粉は、アクがあり、上面は、色が黒いです。

すこし黒い色が残っている位で、一次発酵を終えて下さい。

生地は300グラムに分割して、なまこ型成形で

最終発酵をさせます。30℃で80%の湿度。

 

40分~50分で切り上げ、焼きます。

生地が詰まっているので、焼き時間は長くして下さい。

230℃で60分くらい、どうしても皮の部分が固くなります。

 

焼き上げたその日より、翌日のほうが、カットはやりやすいです。

なるべく薄く切ると、食べやすいです。

冷凍保存が効きますので、とても便利です。

 

普通の方でも、お好きな方は、定期的にお買い求め頂いています。

是非 チャレンジしてみて下さい。

 

今日はここ迄、深呼吸を3回してオシマイ。