材料は?

 

パンの作り方はいろいろあります。

パンは、小麦粉、酵母、塩、

の3点が有れば、作れます。

 

それぞれどのような物で作るか

を始めに決めます。

 

酵母

 

● 簡単に作れるのは、イースト

(パン用酵母)

市販されているのは、

ドライイーストかセミドライ

イーストが多いです。

 

営業用には、生イーストを使用

します。

 

● オリジナル性を出したいのなら

天然酵母を起こして使う

(起こすまでに5~7日かかります)

独自に自家製酵母を作る

こちらも作り方により日数が

かかります。

 

小麦粉

 

● 外国産の小麦粉 (カメリア等)

● 国内産の小麦粉 (北海道から

九州まで、種類は沢山有ります。)

 

作りやすいのは、外国産小麦です。

パンが良く膨らみます。

 

安全の面からですと、国内産小麦

がオススメです。

基本的に精製塩では無いものを選びます。

多種多様出回っていますので、

価格も様々ですが、そこそこのもので

大丈夫です。

 

何の為にどのような

パンを作りたいのか

 

取り敢えず、普通のパンを早く

作りたいのでしたら、

ドライイーストと外国産小麦

で 作るのが早く簡単です。

 

材料を揃えて、捏ねを手で行うか、

ニーダーを使うか、です。

 

手捏ねも経験しておくのは

良い事です。

捏ねている間の生地の状態の変化が

肌でわかります。

 

ニーダーを使うと楽ですし、

時間の節約にもなります。

 

機材は、

 

● 大きなものは、ニーダー、発酵器、

オーブンです。

 

家庭で作るのでしたら、

オーブンに発酵機能が付いている

機種を選んで下さい。

 

ただ不便なのは、発酵終了後に

直ぐ焼き温度が上がらないため、

発酵途中で、生地を出し、

オーブンの温度を

上げておかないといけません

続けて焼くことが無理になります。

 

有る程度の量を焼く場合は、

やはり別に発酵器が必要です。

 

● 天然酵母を使用するのでしたら、

ドウコン(一定に温度を保つ器械)

家庭用は保冷温庫(一万円位です。)

営業用はドウコンです。

 

酵母越しにも 使います。

 

その他、小物、

 

オーブンの天板も

少し多めに有ると楽です。

 

大小のボール、スケッパー、

カード(ドレッジ)麵棒、

食型、へら、卵刷毛、

温度計、スケール

天然酵母の場合は、酵母越しの瓶。

 

生地を一次発酵させる時の容器、

(横からも見える、透明の容器が便利)

その他 具材を入れる容器等が

何点か有ると良いです。

 

パンを作る為に、揃える物は、

このような物ですが、

本格的に作るには、しっかりした、

温度管理のできる、器械がどうしても

必要です。

 

酵母菌が温度によって左右されますから、

一番大切な物です。

 

一度ではなくても、徐々に腕が上がると

欲しくなるものです。

楽しみながら揃えて下さい。