お昼前頃から雨が降り出しました。

ひどく降るわけではないのですが、傘が必要です。

しばらく、雨模様のお天気だそうです。

 

初めに使った塩、

 

天然酵母パン作りで一番はじめに使った塩は、

【赤穂の天塩】でした。

ニガリが幾分多く、パンの製造には、適していました。

つぶも比較的大きめです。

この塩をかなり長い間使っていました。

 

価格的にも、使いやすかったのです。

ただ、梅雨時になると、湿気を含み ベトベト

してきて、使いづらかった記憶があります。

次に使ったのが、【ジャワ海の塩】

製粉会社の人に進められて、使い始めました。

天塩とそれ程違いがあるとは思えませんでしたが、

なんとなく使っていました。

 

結構長い間使っていましたが、時々異物混入が有ったので、

次の塩にかえました。

現在検索してみました所、今は製造を中止しているようです。

(同じ会社で違う商品を販売していました。)

 

3度めに使い始めたのが、【天外天塩】です。

この塩は、内モンゴルの塩の湖

から生まれた塩です。

一粒、一粒の粒が細かく、浸透性が良いです。

乾燥していて、梅雨時になっても、

ベタベタすることがなく、使いやすく

とても気に入っています。

 

この塩をもう長年、現在に至るまで使っています。

業務用で大きな袋を購入すると、

それ程の価格でもありません。

その他に、価格の高いものも何点か試作で使ってみました。

 

パンに使う塩の量が、小麦粉の1.5%~2%と少ないですから、

価格の高い塩を使っても、出来上がったパンの味の変化を

塩の違いで、見極めるのは困難な事と思いました。

 

したがって、パンに使う塩については、ミネラルの多い

そこそこの塩を使うのがおすすめです。

 

ただ、振り塩に使うのであれば、やはり、岩塩を、

自分で、すり潰して、粒の大きさの違いを作り、

使用する事が、パンの味を良くすることとなります。

 

ミル付きの岩塩も多く販売されていますが、

これですと、粒の大きさが一定になります。

粒の大きさが違う事が一番味に影響を与えます。

どうぞ試してみて下さい。

 

大きめの岩塩を購入して、すり鉢で自分でするのが、

結構面白く、病みつきになり、気がつくとすり鉢で

スリスリしています。

何と言っても、様々な大きさの塩になり、

これがまた美味しいのです。

 

今日はここまで、

深呼吸を3回してオシマイ