天然酵母と国内産小麦で作る

バンズ

 

地方には、その土地にしかない

パンが有ります。

 

高知では、【帽子パン】

が有りました。

つばの大きな帽子の形をした、パンです。

 

群馬に来て初めて知った

【バンズ】のパン。

今までパンズと言えば、ハンバーガー

用のパンと思っていました。

 

でもここ群馬では、軽いメロンパンの

ようなパンが【パンズ】として、販売

されています。

 

『軽いメロンパン』という意味は、

皮がメロンパン程厚くなく、色も

黄色ではなく、濃い茶色です。

 

皮がサクサクしてとても美味しいのです。

そのままのパンと、それにバターを

挟んでるもの(殆どは、マーガリン)

 

バターとアンを挟んで、アンバターバンズ

として売っている物が有ります。

 

私はシンプルな何も挟んでないのが

好きです。

 

それでは、皮の作りかた

 

ベーカーズ% (皮)

  • 小麦粉    100
  • 砂糖       50
  • ブドウ糖     10
  • 重曹      1.5
  • バター      10
  • 卵        12
  • 水        25

 

以上をミキサーで混ぜる、

(手ごねは柔らかすぎるので)

出来上がりを小分けにして冷凍保存。

 

 中身の部分の作りかた

 

国内産小麦の種類により、

少しずつ違います。

今回は、ナンブ小麦使用

 

  • ナンブ小麦    100
  • グラニュー糖      10
  • スキムミルク        4
  • 岩塩            1.5
  • 全卵        6
  • 水         45
  • 生種        6
  • バター        10

 

バター以外をミキサーに入れ

生地が繋がる迄、捏ねる、

生地が繋がった時点で、バターを加え、

バターが入って、生地がべとつかなく

なれば出来上がり

 

一次発酵は、25~26℃くらいで、12時間

以上かかる。

生地の上面が薄くなり、波打ってくれば

一次発酵終了

 

生地を50gに分割して、丸める。

その上に、25gに分割した皮を

丸く薄くのして、かぶせる。

 

そのまま最終発酵させる。

温度30℃湿度80%で60分~90分かかる。

生地の大きさが、上から見て約倍に

なるくらいです。

 

発酵終了したら、生地に霧を吹き、

真ん中に黒ゴマを載せて、焼成する。

180℃~190℃で色が少し濃くなるまで焼く

天然酵母と国産小麦で作ったバンズは

一味違います。お試し下さい。

 

いつも元気でいる秘訣

 

気が付いたら、いつでも深呼吸をする。

常に体を温める、お腹と、足首、

それでは又、