食べるものに気をつける。

 

肌の健康に必要な栄養素は、タンパク質

脂肪 ビタミン類などです。

 

これらは肌だけではなく、生命維持にも

必要な栄養素です。

 

これらのものを、十分に摂取していないと、

栄養分が、肌まで回ってきません。

 

栄養分は、生命維持に一番大切な所から

取り込んで行きます。

 

肌は残りのものが有れば、栄養分が回ってきます。

しかし全体量が足りなければ、

肌まではまわらないかもしれません。

 

ですから栄養は、十分に取らなければ

なりません。

 

ビタミン類は 肌にとって重要です。

ビタミン A B C E と 大事です。

 

ビタミン A が不足すると、肌が乾燥して

肌荒れの原因になります。

 

ビタミンB群は 肌の新陳代謝を促し

肌に ハリ と 潤いを もたらします。

 

不足すると 吹き出物ができやすくなります。

 

ビタミン C は、コラーゲンを生成する材料です。

肌の張りを保ちます。

 

ビタミン E は、 血行を良くして肌の新陳代謝を活発にする。

肌荒れの回復を助ける働きがあります。

 

添加物の入ってものを摂らない。

 

できるだけ、食事は、手作りを心がけ

加工食品を摂らない。

 

清涼飲料水をむやみに飲まない。

 

化粧品の見直し。

 

便利な化粧品に気をつける。

(化粧崩れがしない製品等)

かなり強力な 材料を使っているので

肌には良くない。

 

合成界面活性剤等

 

合成界面活性剤、合成ポリマー等

が少ない化粧品を選ぶ。

 

これらは、肌にとっては良く無いもの。

購入時に確認をする。

 

日光になるべく当たらない。

 

日光浴も必要ですが、1日に15分ほどで

良いようです。

 

なるべく 肌を日に当てないほうが、

肌を綺麗に保てます。

 

日焼け止めクリームも多く出回っています。

最近はかなり強力なものもあります。

 

ただ あまり強力なものは、

肌に良くない成分が

たくさん入っています。

 

基本日焼け止めクリームにそれ程

頼らなくても

帽子、日傘、手袋等、物理的なもので

程んど大丈夫です。

 

ご自分の肌で、服を着ている部分は、

日焼け止めクリームを塗っていなくても

日には焼けず、肌も綺麗ですよね。

 

顔も同じです。クリームに頼らなくても

全く問題は有りません。

 

生活習慣

 

一番 重要なことは 睡眠時間の確保です。

若いときは、睡眠時間を削って仕事をしたり

しますが、肌には良くないです。

 

一日 6~7時間の睡眠を確保して下さい。

具体的に寝る90分前にお風呂に入ると

良いです。

 

寝る前すぐのときは、シャワーにする。

 

まとめ

 

いつまでも肌に潤いを保つ方法は、

健全な生活習慣が必要です。

 

これは肌だけではなく、体全体の事です。

結局 肌も体の一部ですから、

このような事になります。

 

生活習慣が良ければ、体も肌も良い状態が

保てます。

 

体はボロボロ、肌だけは、

潤い美肌とはならないです。

 

肌の健康は体全体の健康になります。

是非、 実際に実行してみて下さい。

 

元気な体と、潤いの有る、

美肌が待っています。