プロも驚く美味しさ、

ピザの生地を作ろう。

 

初めに ホシノ酵母を起こす

ところから始めます。

 

煮沸消毒をした瓶の容器に

100gのホシノ丹沢酵母と、

20℃の水を150g加えます。

 

軽くかき混ぜて、

ラップをして蓋をきちんとします。

それを 20℃の所に5日程置きます。

(専用の保冷温庫を使用してください。)

 

温度管理はとても大切です。

 

酵母が水を含み膨らんできます。

一旦、盛り上がり、

次に下がってきます。

 

しばらくすると、表面に、

小さな泡が出てきます。

この時にかなり苦い味になります。

 

ここで冷蔵庫に入れ、

発酵を押さえます。

 

この状態で次の日には使えます。

 

始めてから5~6日になりますが、

その間にすることは無いので、

じっくり構えて、やってみてください。

 

次に小麦粉を捏ねる

 

できましたら、国内産の小麦粉を

選んで下さい。

どの小麦粉を使うかによって、

水分量が違ってきます。

 

●ナンブ小麦の場合は、

粉1Kにつき52%の水520gを入れます。

 

塩を1.5% 15g 作り上げた

酵母を6% 60gです。

 

●春よ恋等の場合は、

水を58%ぐらいにして下さい。

 

作りかた

全部の材料をボールに入れ捏ねます。

手ごねの場合は

、20分~30分捏ねてください。

 

生地の繋がりを確認して、

次に一次発酵に入ります。

 

わかり易いのは、

寸胴のガラスの容器です。

(壊れやすいので注意)

 

上からと、横からと発酵状態を

確認できます。

今の時期は手でこねると、

生地の温度が高くなります。

 

其のままよりも一度冷蔵庫に

入れて冷やしてから(18℃に)

発酵を始めると良いです。

 

18℃~20℃において約12時間程

生地の表面が少しへこんで来た時が

良い状態です。ここで終了

 

生地を50gに分割して

、30℃の所に30分程おいて、

少し緩みが出ましたら

、麵棒でのしていきます。

 

慣れないと 円形になりませんが、

やっているうちに だんだん

上手になり丸くなります。

 

15㎝ほどの円形にのして、

ピケ(焼いて生地が膨らまないように、

生地に穴をあける作業の事)

(フォークでも良いし、ピケ用の道具

もあります。)

を入れて焼けば出来上がりです。

 

オーブンにもよりますが

、220℃~240℃で5分程焼いて

ください。

 

生焼けの状態で、出来上がりです。

 

すぐ使わないときは、

冷凍保存しておくと、

いつでも使えてとても便利です。

 

小麦粉の美味しさが引き立ち、

トッピングを選ぶ事なく、

上等のピザを作る事が出来る

ピザ生地となります。

 

一般にピザの生地は、薄いです。

 

この材料で作ったピザ生地は

味が抜群に良いので、かなり

厚めの生地にしてピザをつくって

みて下さい。

 

ピザ専門店のピザと違って

正にパン屋のピザです。

ピザ台がとても主張しています。

 

それでは試してみてください。