今日は朝から雨模様、肌寒いです。

又、南の方に台風がいるようです。

停滞しているようで、嫌ですね。

 

クリームパンをホシノ酵母で作ろう

私どもの工房では、いま、餡入りのパンの種類を増やしていますが、

おいおいクリームパンも作ろうと思っています。

カスタードを炊くのは、時間がかかります。

しかし、やはりそれだけの価値は有ります。

それでは、カスタードの

 

材料

  • 低温殺菌牛乳    500ml
  • 卵黄        200g
  • グラニュー糖     50g×2
  • 国産小麦粉      25g
  • コーンスターチ    25g
  • バニラビーンズ    ½本

 

作り方

 

1 鍋に牛乳、グラニュー糖50gバニラビーンズを入れて

とろ火で温める、(70℃~80℃)

(バニラビーンズは、ナイフで縦に切れ目を入れる)

沸騰させないで下さい

 

2 ボールに残りのグラニュー糖50gと卵黄を入れ

かき混ぜる。(泡立てないように柔らかくする)

 

3 2に、小麦粉、コーンスターチを入れて混ぜる。

 

4 1を3に少しずつ、かき混ぜながら入れていく。

(初めは少しずつ、半分ほど入りましたら、

多めに入れても大丈夫です。)

 

5 4 をとろ火でゆっくり混ぜながら、煮る。

ヘラで混ぜていると、サラサラから、

だんだんに抵抗が出てきます。

 

【の】の字がかけるくらいの硬さになりましたら、

火を止め出来上がりです。

(最後の方は、急激に硬くなりますので気を抜かないで下さい。)

出来上がりったクリームから、バニラビーンズを取り除き、

バットに移し替え、冷まします。

 

バニラビーンズのつぶつぶが、黒い点状に有ります。

(以前コレを、ゴミと間違えられましたので、気をつけて下さい)

なんとも美味しい、クリームが出来ました。

それでは生地を作りましょう。

 

材料

  • 国内産小麦     100
  • グラニュー糖       10
  • スキムミルク      3
  • 卵          15
  • バター        10
  • 岩塩           1.5
  • 生種           6
  • 水          38

(ご自分の作る量に換算して下さい)

 

スキムミルクとグラニュー糖を混ぜ合わせ、

小麦粉に混ぜ合わせる。

ボールにバター以外の材料を入れて、混ぜ合わせる。

まとまって来ましたら、外に出して、転がしていきます。

 

柔らかく、やりにくいかもしれませんが、頑張って転がします。

20分~30分でだいたい生地が繋がります。

 

次に、バターを生地に塗りつけるようにして、混ぜていきます。

(バターは、予め柔らかくしておきます。)

ぐちゃぐちゃになりますが、構わず捏ねます。

しばらくすると、まとまって来ます。

 

生地が手につかなくなりましたら、終了です。

容器に入れて一次発酵をさせます。

25℃で12時間位を目安にして下さい。

 

上面に変化が出て来ましたら、終了。

40g~50gに分割して一旦生地を丸めて、

少し置いてから、丸く板のように伸ばします。

 

伸ばした面に先程のカスタードをのせま、包み込みます。

(生地の70%~80%の量が良いです。)

そのまま 丸い形にしても、平たくして、カットを入れても、

お好きな形にして下さい。

 

天板に間隔を空けてのせます。

最終発酵をさせます。32℃湿度80%で80分~100分を目安に。

生地が柔らかく膨らみましたら、焼きに入ります。

 

180℃で80分~100分で色を見ながら10分~12分焼いて下さい。

気をつける事は、下が思いの外焼き色がつきます。

上下の温度設定が出来るオーブンでしたら、下火を弱くして下さい。

設定が出来ないオーブンにの時は、天板を2枚重ねて使います。

 

焼き色を見て、オーブンから出して下さい。

美味しいクリームパンが焼き上がります。

 

今日はここまで 深呼吸を3回してオシマイ。