今日も朝からとても良いお天気でした。

気温は上がり、汗ばむほど。

風がひどく、飛ばされそうになる程。

この季節。毎年、パン教室では、【りんごのパン】

を作っていました。

 

10月に入ると、【紅玉】が出回ります。

今では、紅玉も一年中有りますが、

やはり、旬のものが、美味しいです。

10月の本当に短い時にしか有りません。

 

紅玉の程よい酸味が、お菓子にパンに打って付けです。

他のどのりんごにも、替える事は出来ません。

新鮮な紅玉は、そのまま食べてもこの上なく美味しいです。

加工するのが勿体無いくらいです。

 

りんごのパン

 

材料

  • ナンブ小麦     100
  • 蜂蜜          2.5
  • 岩塩         1.5
  • 水          27
  • 生種         6

(生種の作り方は、PCの場合、サイドに表示、スマホの場合、

一番下に表示)

  • りんご        75(丸の場合、炒めた後は、40)

りんごは、75の割合ですが、これは生の場合です。

これを皮と芯を除き1センチ角のさいの目に切り、バターで

炒めます。水気がなくなり色が付き始める迄炒める、

最終的には、40 ほどになる。

  •  バター       2.5(りんごを炒めるための)
  •  シナモン      少々(りんごを炒めた最後に振りかける)

 

作り方、

りんご以外の材料を全て、ボールにいれ、捏ねる。

まとまったら、作業台に出して、転がす。

20分~30分(個人差が有ります。)

転がし続け、生地が繋がったら、

冷ましたりんごを混ぜ合わせる。

りんごが均等に混ぜ合ったら、捏ねは終了。

 

容器に移し、一次発酵をさせる。

20℃で約12時間 かさが4倍~5倍に増える。

生地のかさと上面の変化を見て、一次発酵を終わらせる。

 

200gに分割をします。

形は、丸か楕円に成形します。

天板に間隔を空けて、置く。

最終発酵は、30℃で60~90分かける。

生地全体が、2倍くらいに膨らみ、緩んで来たら、

最終発酵を終了させる。

 

卵を塗り、 アーモンドスライスを好みでちらす。

200℃の温度で、15~17分焼く、

色を見ながら、焼成を終わらす。

焼き上げて、しばらくして水分が抜けてから、食べたほうが

美味しいです。

 

紅玉のほんのりとした味わいが、独特の旨味を引き出します。

 

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ。