天然酵母パンでタイム

入りのパンを作ろう

 

少し、暑さも和らぎ心地よい日です。

パン作りには良い日かと思います。

今回は、スパイスの効いたパンを作ります。

 

バジル、ローズマリーに比べ、ちょっと

聞きなれないかと思いますが、

【タイム】入りのパンも

何とも言えず、美味しいです。

 

このような、スパイスの効いたパンを

作るには、甘みの無いシンプルな生地が

お勧めです。

 

小麦もナンブ小麦を使いましょう。

(ナンブ小麦は、余り出回っていませんが、

富沢のネットショップで、購入可能です)

 

タイムは、生がもちろん良いのですが、

乾燥タイムでも良いです。

その時は、必ず『フリーズドライ』を

お勧めします。

 

以前、ただ乾燥したもので、カビの臭いが

したものが有りました。

普通には、カビなのか、タイムそのものの

香りなのか区別がつきずらいです。

 

材料(ご自分の作る量に換算する)

  • ナンブ小麦    100
  • 岩塩        1.5
  • タイム(なま)   1
  • 生種        6
  • 水          52

 

タイムがフリーズドライの時は、

0.2~0.5 入れる。

生のタイムの時は、枝から葉をとり

奇麗に洗って水を切っておく。

(タイムは育てやすいので、

庭に植えておくと、とても便利です。)

 

作り方

全ての材料をボールに入れて、

水まわしを、生地に空気を

入れる気持ちで、細かく混ぜる。

 

生地がまとまったら、ボールから出し

一つの固まりにして、台の上で、転がす

。生地が一旦は

硬くなるが、転がしている間に

又柔らかくなってくる。

 

有る程度柔らかくなったら、

指で摘まんで生地を伸ばしてみる。

7~8㎝伸びれば出来上がり、

 

人により、捏ね時間は、違ってきます。

15分~30分くらいかかります。

この生地を出来れば、横からも見える

透明の容器に入れて、一次発酵させます。

 

捏ね上がりの温度にもよりますが、

18℃~20℃の温度で12時間以上置き

上面に変化が出てきたら、出来上がり

 

捏ね方と捏ね上げ温度により、

かさがちがって来ます。

大体3倍から5倍になります。

 

出来上がりの生地を

30g~50gのお好きな大きさに

切り分け、それぞれを手で丸めます。

 

天板に間隔を空けて置きます。

なるべく同じ大きさの物を

同じ天板に置いてください。

 

次は、最終発酵です。

オーブンの発酵機能で温度は30℃

で発酵させて下さい。

 

クープを入れない場合は、70分~90分

で焼けるようになります。

 

クープを入れる場合は、60分くらいです。

 

それを230℃~240℃のオーブンで

13分~14分、色がしっかりつくまで

焼いてください。

 

焼き上げて、出来上がりです。

 

タイムの香りが何とも言えず、

良いです。

 

でも少し大人の味かもしれません。

ワインにとても合います。

 

是非試してみてください。