天然酵母のパンは硬いイメージが有ります。

食パンなども、添加物は入らない、砂糖、油脂、

卵、も入らない。

となるとどうしても、パンは硬めになります。

焼き上がりから時間が経つと、経つほどに硬さが増してきます。

 

歯の丈夫な若い人達でしたら、硬くても大丈夫ですが

歳を重ねて歯が弱っている方達には、敬遠されがちです。

卵、砂糖、油脂等が入っている、生地で作れば、少しはましですが、

やはり、市販のパンに比べて、時間が経つと硬めになります。

 

どうしても、もっと柔らかなパンを作ってみたいと思い、試行錯誤の上、

柔らかなパンを作りました

 

以前、【ヤワヤワ食パン】として販売していたものです。

そこそこ人気が有りました商品です。

 

柔らかな食パン

材料

  • 群馬県産小麦W8    100
  • グラニュー糖       6
  • 脱脂粉乳         4
  • バター          8
  • 卵            6
  • 岩塩           1.5
  • 生種           4 生種の作り方
  • 水             78

 

作り方

水分がたくさん入りますので、手捏ねは無理です。

高速回転の出来る、ニーダーを使います。

 

1 バター以外の材料を一度にミキサー入れて初めは低速で、

すぐに高速にして暫く回す。

水分が多いので、生地がつながるまでに時間がかかります。

 

2 生地が繋がってきたら、バターを入れまた回す。

 

3 バターが入り切ると生地がとても綺麗に繋がります。

薄い膜が出来、絹のようにしなやかできれいな生地になります。

 

4 手に水を付けて、生地をミキサーから容器に移す。

 

5 捏ね上げ温度を計り、一次発酵をさせる。

22~23℃でほぼ12時間 上面に変化が出てきましたら終了。

 

6 生地が柔らかなので、3斤の大きな食型は向きません。

1.5斤の型か ワンローフの型が良いです。

分割をして、(型の大きさに合わせた目方でします)

生地がとても柔らかく扱いづらいです。

ドレッジを上手に使い、形造ります。

(生地が柔らかなので、麺棒で伸したりは出来ません。)

表面を綺麗にして、型に入れれば大丈夫です。

 

7 最終発酵をさせます。30℃80%の湿度で80~90分

 

8 焼きに入ります。下火を200℃上火0で35分程焼いて、

上面の色づきをみます。

その上で上火も200℃いれて、5~7分焼く。

 

9 焼き色が上手く付けば終了。

柔らかなパンが焼けました。 2~3時間置いてから食べてみて下さい。

このパンは 翌日になってもさほど、硬くはなりません。

気にいってもらえると、嬉しいですね。

 

是非試してみて下さい。

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ。