台風の影響で酷く蒸し暑い日です。

気温はそれ程でもないのですが、

非常に湿度が多く、過ごしにくいです。

 

食パンを美味しく天然酵母

で作ってみましょう。

 

【美味しいの】定義は、人それぞれです。

 

小麦と酵母と、水と塩だけでのパンが

美味しいと思う人が居ます。

しかし、多くの人は、

味の濃いパンが美味しいと思うのです。

 

砂糖、卵、バター、ミルク、等が入っている

パンの方が、美味しいと感じます。

その割合は、100対1くらいかと思います。

 

甘くこってりしていると どなたにも

美味しいと感じられるようです。

 

そして、硬いよりも柔らかい方が

口あたりも良く、美味しく感じるようです。

 

デニッシュ生地の食パンが人気なのも

そんなわけです。

デニッシュ生地の食パンは常に

食べ続けられないので、

(油分が多く飽きてしまう)

今回は、一般的な食パンで、リッチな生地の

食パンを作りましょう。

 

材料

  • 小麦粉(国内産)    100
  • グラニュー糖       15
  • スキムミルク       5
  • 卵            15
  • 牛乳           45
  • 無塩バター        12
  • 生種(ホシノ丹沢酵母)   6
  • 塩            1.5

 

(ご自分の作る量により換算して下さい

又、国産小麦の種類により、水分量を

変えてください。)

 

この生地は、捏ねずらいので、手捏ねは

とても大変です。

ニーダーを使ってください。

 

砂糖が多いので、捏ねに時間がかかります。

バター以外を全部一緒に捏ね、生地がまとまり

手で摘まんで伸ばした時に、

薄い膜が出来るようでしたら、

バターを入れて、又捏ねます。

 

バターがなかなか入らないようでしたら、

生地を手でちぎって、少しづつ入れながら

捏ねてください。

 

バターが入り、生地が奇麗にまとまり、

手にべたつかなくなったら出来上がり。

生地温度を測ります。

 

そしてこの生地を一次発酵させます。

容器に入れて、25℃~27℃くらいでほぼ

12~14時間置く。(初めの生地温度により

時間が変わってきます。)

 

表面に変化が出てきますので、そこで

一次発酵が終了。

生地を容器から取り出して、食型に入れます。

 

蓋をする場合は、食型の容積の25%位

蓋をしない場合は、食型の容積の33%

位の生地を入れます。

 

生地は軽く丸めて、麵棒で伸ばし

くるくると巻いていけばよいです。

型に入れたものを、最終発酵させます。

 

32℃湿度80%で70分~90分かけ

蓋をする場合は、生地が、型の8割ほど

蓋をしない場合は、生地が、型の上面

すれすれ位までになれば、焼成です。

 

180℃程で焼いてください。

型の大きさにより、30分~40分かかります。

糖分の多い生地ですので、色が付きやすいです。

蓋をしないときは、上面に卵を塗ると

奇麗に仕上がります。

 

この生地は、四角い食型ではなく

ラウンドの筒状の型でも、奇麗に焼けて

楽しいです。

 

材料に良い物ばかりを使い、

(マーガリン等使わず)

天然酵母を使っているので

非常に上品な味に仕上がります。

 

発酵の見極めも、何も入らない生地よりは、

随分と緩い感じでも大丈夫です。

卵、バターが、補ってくれています。

 

そこそこで、美味しいパンになります。

(発酵温度を高めにするのを忘れずに。)

価格的には、あまり大きな型ではなく、

小さな型で、作ると良いです。

 

何度か挑戦してみてください。

 

このようにパンのレシピは、内容により

ある意味でお菓子に近づくように

贅沢になります。

 

毎日食べるパンとしては、少し贅沢だと

思いますが、

一週間に一度くらいなら、

このようなパンも良いのではないでしょうか。

 

それでは、深呼吸をして、

ゆっくり息をはいて、終わりです。