どなたにも好まれる、パイ生地をホシノ酵母と国内産小麦で作ってみましょう。

家庭で簡単につくる、ベーキングパウダー入りのパイ生地とはひと味もふた味も

違うものが出来ます。

 

パイ生地をマスターすれば、沢山のヴィノワズリーを作ることが出来ます。

基本は、折込生地にバターが入る場合と、

全く元の折込生地にはバターが入らないものと

有ります。 又、バターの量も様々です。

 

今回は、元の折込生地にバターが入る場合の作り方を紹介します。

こちらのほうが、全くバターが入らないものより、作り方がやさしいです。

 

パイ生地の作り方

 

材料 (ご自分の作る量に換算して下さい)

  • 国内産小麦       100
  • グラニュー糖       5
  • 岩塩           1.5
  • 水            48
  • バター            6
  • ホシノ酵母生種        6
  • 別に折込用バター         40

作り方

1   6%の方のバターを1㌢程の厚さに切り、

ボールに入れて25℃の所で柔らかくしておく。

 

2 バター以外の材料をボールに入れて、捏ねる、

まとまってきたら球状にして 外にだし転がす。

 

3 15~20分ころがして生地が柔らかくなり繋がってきましたら

生地を伸ばして、バターを入れていきます。

バターを生地になすりつける感じで生地を細かくしても良いので

混ぜていく。

やりづらいですが、暫く我慢して捏ねて居ると

だんだんバターが生地の中に入っていき、

きれいな生地になります。

手にべとつかなくなりましたら、終了。

 

4 生地を容器に入れて一次発酵をさせます。22℃で12時間程です。

パイ生地のもとになる生地なので、一次発酵を少し手前で終了します。

いつものように、上面に変化が出るまではおかずに少し手前でやめます。

 

5 生地を容器から出して、麺棒で平たく伸します。

正方形にする場合と長方形にする場合が有りますが、

今回は長方形にします。

この生地にバターを織り込んでいくわけですが、

生地の温度とバターの温度が同じくらいでないと、

上手には出来ません。

 

6 生地を冷蔵庫で冷やします。伸して平のままが一番早く冷えます。。

ビニールシートに包んで冷やします。20分ほど。

バターを先ほどの折込生地の大きさの三分の二の大きさに、

伸ばします。(ある程度薄く切り、麺棒で叩くと良いです。)

 

7 冷やした生地を冷蔵庫から出した生地の上にのせ、

生地とバターが交互になるように3つにたたみ、又麺棒をかけて、

元の大きさに伸ばします。

冷蔵庫で冷やします。20分

 

8 この作業を繰り返します。 多ければよいわけではなく、

3回ほどで大丈夫です。

 

9 これでパイ生地の出来上がりです。

クロワッサンを作るのであれば、これをそのまま使えます。

果物をのせて焼いても美味しいです。

様々な使い方が出来ますので、是非試して見て下さい。

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ。