群馬の焼き饅頭

群馬県の焼き饅頭はお土産として

人気があります。

味噌のタレを付けて焼く、軽く柔らかい

生地のまんじゅうです。

 

それに似せて、パン屋さんがパン生地に

味噌ダレを挟んで売っているのが、

味噌パンです。

 

だいたい外側の生地は、色を付けないで

白い焼き色のつかないパンを使う所が

一般的です。

 

今から作る、こちらの焼きまんじゅうは、

外側のパンもしっかり焼き色を付けた状態の

パンに味噌ダレをはさみます。

 

味噌パン

材料、(パン生地)

国内産小麦     100

岩塩         1.5

ホシノ酵母ホシノ酵母 6

水            56

 

材料(味噌ダレ)

 

味噌     100

グラニュー糖 200

みりん     6

水        40

白ごま    少々

 

パンの作り方。

1 すべての材料をボールに入れて捏ねる。

2 まとまって来たら、台の上に出し

転がしていく。 15分~30分

 

3 手で生地をつまんで、伸ばし6~8センチ

伸びれば出来上がり。

4 容器に入れて一次発酵をさせる。

5 20℃で約12時間

 

6 生地が3倍~4倍になり上面に変化が

でたら終了。

 

 

 

 

7 生地を分割する。40㌘~50㌘二分割。

8 手で丸める。 天板に間隔を空けて置く

 

9 最終発酵をさせる。80%で30℃

80分~90分で終了。生地の表面が

柔らかくなり、ふっくらとしてくる。

 

10 焼きに入る。220℃~230℃で約13~14分。

綺麗に焼き色がついたら終わり。

 

味噌ダレの作り方。

 

1 すべての材料を鍋にいれ 弱火で

ヘラで焦げないように、混ぜながら

火を通す。

2 全体に柔らかくなり火が通ったら

白ごまを入れて混ぜる。

3 混ぜた後、ゆるい感じがするが

一晩冷蔵庫に置くと、かなり

引き締まり固めになってくる。

 

味噌パンになる

 

焼き上がり冷めたパンの腹の部分に

底に対して少し斜めに切り目を入れる。

 

それに出来上がり 冷やした状態の

味噌ダレをヘラで塗り込んでいく。

 

出来上がり。

 

挟んでしばらくして、味が馴染んだ頃が

美味しくたべられる。