ビスコット(ラスク)はどのパン屋さんでも作っています。

一般には、残ったパンで作る事が多く、

価格も安めに設定されています。

 

ただ、現在では、それだけを作り、

それだけで営業が成り立っているところも有ります。

ビスコットの作り方と利用方法を、お届けいたします。

ビスコットは、フランス語です。

 

一般にはラスク(英語です)のほうが分かりやすいですが、

今は、ビスコットも都会の洒落たお店では使っています。

ビスは、ふたつと言う意味があり、二度焼くと言う意味です。

一度焼いたパンを24時間以上置いてから又焼きます。

確かに一度焼いたパンを、もう一度焼きます。

 

ビスコット(ラスク)の作り方。

 

ホシノ酵母と、国内産小麦で、白生地を作り、

フランスパンを焼く。

焼き上がったパンを一日、おく。

10mmの厚さにスライスする。

天板に乗せて、オーブンに入れる。

 

使うパンの目の細かさにより、焼き時間が違ってきます。

大体、150℃で30分~40分

白生地だけですと、時間がかかります。

全粒粉が1割~2割入ると少し焼き時間が早くなります。

見極めは、ほんのり薄く色が付く程度で窯から出す事。

 

パンに色が少しでもつきすぎると、

味が変わり美味しさがなくなります。

ほんの少しのことですが、

全く味が変わってしまうのです。(不思議です。)

焼き上がり後、十分に冷ましてから、袋詰をします。

シリカゲルをいれておきます。

乾燥しているのとバターなどを塗っていないので、日持ちが良いです。

2ヶ月くらい大丈夫です。

 

でも余り永くおくと、パンの味が古臭い感じになります。

このラスクは パンを乾燥させただけで、

トッピングとして何も使っていません。

使うパンも砂糖が入っていないパンなので、甘みは有りません。

パンの水分が抜けるので、パンそのものの味が濃くなります。

一般には、トッピングをして様々なビスコット(ラスク)が販売されていますが、

このビスコット(ラスク)は、その原型とも言えるものです。

 

そもそもビスコット(ラスク)は、

パンをどのようにして保存するかを考えて

作られたものです。

昔、新鮮なパンを毎日作ることが困難だった頃の

パンの一番簡単な保存方法だったのです。

これらは硬いので、オリーブ油に浸して食べます。

 

現代の トッピングのないビスコット(ラスク)も、

スープ、ミルク等に浸して食べると食べやすいです。

白生地の物は、離乳食に良く利用されています。

全粒粉入のものは、食事に利用されています。

作り方もとても簡単ですから、

どうぞ作って、食べてみて下さい。

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ