蒸し暑く過ごしにくい日が続いています。

暑さに負けず、食べないと。

塩分と、甘い物も必要!

 

さぁアンパンを作ってみよう

 

生地はどのきじにしましょうか?

シンプルな生地も良いですが、

暑いので、食べやすく。

少し甘みのある生地にしましょう。

 

材料

 

ご自分で作る量により換算して下さい。

 

それほど甘い生地では有りません。

 

国内産小麦   100

グラニュー糖   5

塩        1.5

牛乳        10

水               35~45

(粉により 変わる)

バター      6

生種       6

 

作りかた

 

バター以外をボールに入れて

混ぜる、まとまってきたら

外に出し、丸い形にまとめ

転がしていく、

 

人によりますが、15分~30分位かけ

ると、生地が柔らかくなり、つながって

来ます。

 

そこで、バターを入れます。

生地を切っても良いです、

 

初めはぐちゃぐちゃで、やりにくい

ですが、続けていくうちにだんだん

まとまってきます。

 

まとまってバターがはいってしまうと

手にベタベタつかなくなります。

 

それで出来上がりです。

こね上げ温度を測り、

一次発酵をさせます。

 

生地温度23℃くらいでそのままの

温度を保ち、12時間くらいで

上面が緩んできたら出来上がり

 

生地を30gに切り分け、手で丸めて、

10分から20分そのままで置きます。

生地が柔らかくなりましたら、麵棒でのし、

平たい円形にします。

 

ここで餡を詰めます。30gの生地に

20~30gの餡を入れると良いです。

 

この方法は、どなたでも出来る、

アンを包む方法です。

 

(慣れてきましたら、又アン詰めの方法を

紹介します。)

 

餡を始めに計って、丸めておきます。

それを生地で包む方法です。

閉じ目をしっかり閉じて、

最終発酵させます。

 

35℃湿度80%で

ほぼ60分~90分で出来上がりです。

生地が大きくなり、緩んできます。

最終発酵終了。

 

生地に卵を塗って、胡麻を真ん中に

乗せます。

190℃の温度で焼いてください

12分くらいで色が付いたら出来あがり

です。

焼き立ては、とても美味しいですが、

餡が熱くて、やけどをしそうになります。

気を付けてください。

 

冷めましたら、冷凍対応の袋にいれ

ます。

冷凍庫で凍らせると1か月は持ちます。

 

冷凍庫から出して、自分の手で温め

少し周りが柔らかくなったら、

食べてみてください。

 

中が半分凍っていて、硬いですが、

アイスクリームを食べているような

感じでとても美味しいです。

 

夏は、冷やして、冬は、温めて食べて

みて下さい。

 

いつでも美味しく食べられます。