学校給食で毎日パン

 

当時、昭和30年代は、学校給食は

毎日パンでした。

殆どが食パン 一枚。

 

余り美味しくなく、私は、いつも残して

いました。

 

布巾で包んでランドセルに入れて、もち

帰るのですが、毎日毎日たまっていくの

です。

 

捨てると叱られるので、親の目を盗んで、

庭の片隅に、シャベルで穴を掘って

埋めた覚えが有ります。

 

食パンの嫌な思い出です。

コッペパンが出たり、

揚げパンが時々出たりしました。

 

揚げパンは美味しかった記憶が有ります。

 

中学校に入り、母親が居なかったため、

毎日昼食は、パンになりました。

今もまだあるかもしれません

『あけぼのパン』というパン屋さんが

私の通っていた中学校に入っていました

中学校は、そんな感じで毎日菓子パン

ばかりを食べていました。

 

高校に入っても相変わらず、お昼は、

パン、冬も、牛乳とパンでした。

 

でも其のころは、調理パンも少し有り、

土曜日などは、学校帰りに、パン屋さんで

調理パンを買って帰りました。

 

中身も茹で卵、ウインナーソーセージ

コロッケ、ハンバーグ、ポテトサラダ

等、いろいろ有リます。

 

大体、2個か3個しか

食べられないので、どれにしようか

いつも悩んでいたものでした。

 

当時 クロワッサンなるパンを、

初めて食べ、【こんなに美味しいパンが

有るんだ!】とびっくりして、

その後毎日食べ続けた覚えが有ります。

 

当時は、添加物も今ほど入って

いなかったので、パンはとても

美味しかったのだと思います。

 

家の近くに有った2軒のパン屋さんの

1軒が店を閉めました。

 

だんだんに大手のパン屋さんが、出てきて

スーパーマーケットなども増えて、

小さなお店は、少なくなってきました。

 

高校を卒業して、社会人になると、

先輩が、「ドンクのフランスパンが

美味しいのよね。」と言っていました。

 

「へぇ~、ドンクのフランスパンって

美味しいんだ!」と思い、

買いに行ったのでした。

 

食パンとは違う感触で、

美味しかったです。

 

日本にフランスパンが普及し始めた頃

でした。

 

そして其のころ、私は、会社帰りに

デパートでホテルのパンを買って帰るのが

常でした。

 

なんとなくリッチな気分で、

ホテルパンを食べていました。

 

余り近くのパン屋さんでは

買わなくなりました。

 

続きは又明日。