最近は、冷凍技術が発達していますので、パンが余って困る事が

少なくなりました。

余ったパンではなく、新しいパンで、

フレンチトーストを作ってみましょう。

 

食パンで作るフレンチトースト

 

材料

  • ホシノ酵母と国産小麦粉でつくった、

シンプルな砂糖の入らない食パン6枚切りを2枚。

  • 卵         3個
  • 牛乳       200g
  • グラニュー糖   30g
  • バニラビーンズ  2センチ程

 

1 ボールに牛乳とバニラビーンズを入れて弱火で温める。

78℃以上にはしない。沸騰させないように気をつける。

(バニラビーンズに縦に切れ目をいれて、おく)

バニラの香りがしてきましたら、火を止める。

 

バニラビーンズの切れ目を入れたところから、

ビーンズを牛乳の中に出す。黒い点々がたくさん出てきます。

(ゴミと間違えられそうですが、良い香りです。)

 

2 ボールに卵を割っておく。

 

3 1 を冷やし、冷めましたら、2を加えて、よく混ぜます。

 

4 平たいバットにミミを切り落としたパンを並べ、3を加えます。

パンが、浸かるくらいの容器が良いです。

少し、液がダブダブしていても、パンがかなり吸ってくれますので

大丈夫です。

 

5 ラップをして、冷蔵庫に入れます。

 

6 パンの横から見て、卵の色が中心まで来ていて、全体に染みて入ることを

確かめてください。

時間は、12時間以上かかります。

 

7 しっかり卵が染みて来てましたら、天板にバターを敷き、

パンを乗せて焼きます。

220℃くらいで、10分ほど、焼き色を付けたほうが美味しそうです。

 

8 温かいうちにたべてください。

とても幸せな気分になります。

※ パンは 6枚切ではなく、4枚切でもよいです。

ただ、液が浸透するのに時間がかかります。

全体に浸透していないと、美味しくないです。

 

*  今回は、パンのミミを切り落としましたが、ご自宅用でしたら、

切らないで付けたままでも構いません。

ミミも結構柔らかくなります。

 

* パンも食パンではなく バゲットを使っても良いです。

液が染み込むのに、食パン程に時間がかからないです。

※ 使用するパンによって、かなり違った物になります。

 

砂糖入りの、食パンでも作りましたが、何故か、砂糖が入って居ない、

食パンの方が美味しかったです。

 

どうぞお試しください。

 

今日はここ迄、深呼吸を3回してオシマイ。