初めて天然酵母パンを作る

 

今まで、イーストのパンしか作っていない

人が、初めて天然酵母パンを作るのには、

どうしたら良いか?

 

余り気負わずに、器械を使って温度管理だけに

気をつければ、出来ます。

 

天然酵母は、自家製ではなく

ホシノ丹沢酵母をおすすめします。

その理由については、こちらを参照

ホシノ天然酵母種をなぜ私が使い続けているのか

 

1 先ず、酵母を作る事に、時間がかかる

ので、知り合いか、ホシノ酵母で作って

いる所から、分けてもらう。

 

これが一番手っ取り早いです。

今は、結構ホシノ酵母を使っている所が

多いので大丈夫だと思います。

 

● どうしても手に入らない時には

自分で酵母起こしをしてください。

 

日数がかかりますので、ゆっくりと

予定を立ててから取り組む。

 

2 イーストのレシピで良いので、

 

水分量を、5%程減らす、

(イーストと違い天然酵母は液体なので)

イーストの代わりに天然酵母の生種を

6%~入れる。

 

小麦も、外国産小麦で構いません。

 

初めは、バターを入れないレシピに

してください。

 

卵 砂糖入りのレシピで大丈夫です。

 

手ごねで行う場合は、捏ねに時間を掛けて

しっかりグルテンが繋がる迄、

こねてください。

 

捏ね上がりましたら、大体夏の場合ですと

30℃近くまで生地温度が上がります。

 

3 一次発酵を常温でさせる。

 

温度を保たせる、器具が無ければ、

室温でも構いませんから、

生地の状態が良く見える入れ物に

入れてください

(ガラスでもプラスチック容器でも

生地の量の4倍位有る大きさにして

ください。

 

25℃~28℃位の所に置いてください。

 

約8時間~12時間の間で生地の上面が

緩んできたら、一次発酵は終了です。

 

生地を50gに切り分けて、手で丸くして

天板に間を空けてのせます。

 

それを オーブンの発酵機能を使い、

醗酵させます。

60分~90分で生地が、大きくなり、

表面が、緩んだ感じになったら

出来上がりです。

 

オーブンの温度を190℃に上げて

焼きます。

スプレーをしてから焼くと、奇麗な

色に仕上がります。

 

卵を入れた、生地でしたら卵を塗っても

奇麗です。

 

イーストパンとの作業の違い。

 

●一番の違いは、初めに酵母を

起こさなければならない事です。

この酵母お起こしに、日数がかかるので、

直ぐパンを焼きたいときには、

間に合いません。

 

余裕をもって作っておいてください。

 

●一次発酵の時間が長い。

置いておく所の温度により、

時間のかかり方が違う。

 

温度管理をしなければならない。。

 

小麦が違ったり、レシピが違うと、

又それぞれに、違いが出てきます。

 

一つ一つ、取り組んでいくと、

楽しくなります。

何しろ、出来上がったものが、

食べられるのですから。

 

挑戦してみてください。