人間の体の中で、【腸】の働きについて、最近新しい発見がいろいろと

出てきました。

腸は人体最大の免疫器官とされています。

腸の健康を保つことは、病気や老化の予防につながります。

最近の研究では、大腸にすむ腸内細菌が免疫力と大きく

関係していることが分かっています。

 

腸内細菌は小腸にもいますが、大半は大腸にいます。

腸内細菌は「善玉菌」「悪玉菌」、そしてそのどちらか多いほうに加勢する

「日和見菌」の3種類に分けられます。

免疫力アップには、悪玉菌を減らし、

善玉菌を増やす食生活を心がけましょう。

 

腸には全粒粉のパンが良い

 

全粒粉は食物繊維が多く、薄力粉の3倍近い、繊維質を含んでいます。

全粒粉入のパンを食べると、

腸内環境が良くなります。

栄養価も高く、アメリカでは、

全粒粉のパンを食べる事を勧めています。

 

全粒粉のパン

100%全粒粉のパンは、慣れないと食べづらいです。

普通にたべるのには、全粒粉が10%~30%くらいが食べやすいです。

好きな人は、全粒粉50%~70%でも大丈夫です。

全粒粉は、小麦の皮の部分が入るのですが、

それを製粉する時に、どの程度細かくするかによって

趣がずいぶん変わってきます。

 

一般的に販売されている全粒粉は、普通の小麦粉と同じような大きさに

製粉したものです。

製粉所により、それよりも大きく砕いた物を作っているところも有ります。

少し大きく砕いた粉のほうが、パンは膨らみ作りやすいです。

そしてパンが焼き上がった時に、全粒粉の粒が確認でき、

なんとなく、健康的で美味しいイメージになります。

 

全粒粉のパンの作り方

材料 

国内産小麦粉   90~50

国内産小麦全粒粉 10~50

岩塩          1.5

酵母生種        6

水           54

*小麦粉と全粒粉の割合は好きな量で作って下さい。

全体の粉の合計が100%になるようにして下さい。

 

作り方

1 すべての材料をボールに入れて、混ぜ合わせる。

混ぜてまとまってきたら、ボールから出す。

2  球状にして転がしていく手のひらで前後にずっと転がす。

3 15分~30分転がし生地が柔らかくなったら、容器に入れて

一次発酵をさせる。18℃で12時間~14時間

生地の上面に変化が出てきましたら終了。

 

4  分割をして、(200g~300g)成形をする。

ナマコ型か丸く成形をする。

5  天板に間隔をとって乗せる。

6  最終発酵をさせる。80%30℃で60分~80分

発酵終了しましたら、クープを入れて

230℃~240℃でスプレーを入れて焼きます。18分~20分

* 全粒粉の割合が多い場合は、少し長く焼きます。

(膨らまないので火通りが悪いためです。)

 

 焼き上がり

2~3時間経って水分が抜けたら食べてみて下さい。

全粒粉の旨味が出て美味しいです。

 

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ