今日はとても涼しく、雨も降っています。

いっきに秋真っ盛りの様子。

 

クリームチーズと白あん入のパン。

餡の作りかた、

白のこし餡と、クリームチーズを、1対1で混ぜ合わせる。

このあんを生地に詰めて、最終発酵させてから、

焼く前に、 ホワイトペーストをのせて焼く。

 

ホシノ丹沢酵母の起こし方、

 

使用する酵母は、ホシノ丹沢酵母です。

市販されています、この酵母を100g

煮沸消毒した瓶に入れ、それに150gの

水(20℃)を加えて、軽く混ぜます。

 

ラップをしてから、蓋をします。

その状態の物を、20℃にで4~5日保ちます。

これには、保冷温庫が有ると便利です。

気候が良ければ、常温でおいても構いませんが、

酵母の変化を観察しながら、つくって下さい.

 

泡がでてきて、甘みがなくなり、苦くなればそこで

出来上がりです。

このタイミングで冷蔵します。(ここが大切!

 

20℃でずっと置ければ4~5日で出来ます。

常温ですと、酵母の変化をしっかり観察しないと

いけません。

このようにして、一旦酵母を起こしてしまうと、

2~3週間は使えます。

 

生地の作り方、

 

材料

  •  国内産小麦(春よ恋)   100
  •  グラニュー糖       10
  •  スキムミルク         4
  •  岩塩            1.5
  •  卵              6
  •     生種             6
  •  バター          10
  •  水            43

以上ご自分の作る量に換算して下さい。

バター以外を混ぜ合わせる。

ニーダーで捏ねて下さい。手捏ねは大変です。

生地が繋がったら、バターを入れる。

 

バターが入り、生地のべとつきが無くなれば、

出来上がりです。

容器に入れ一次発酵をさせます。

25℃で12~14時間 上面に変化が出て来ましたら終了。

 

あんを詰めて発酵させる。

 

生地を30g~50g(ご自分の好きな大きさに分割する。)

生地を丸めて、生地の重さの60~70%のあんを入れる。

丸めて形を整える。

 

天板にのせて、最終発酵させる。

32℃湿度80%で60~90分かかる。

その後 丸めて大きくなった生地に、

ホワイトペーストをスプーンで適量のせる。

 

これを200℃の窯で12~13分焼く。焼き上がると上が白く

綺麗なパンに成ります。

 

ホワイトペーストの作り方、

 

材料

  • 国産小麦      250g
  • グラニュー糖       50g
  • 岩塩           1g
  • 重曹           1g
  • バター        90g
  • 水         300g

 

以上を混ぜ合わせる、ニーダーで捏ねて下さい。

全てが、溶け合い、なめらかになれば出来上がりです。

これは作ってから、3日程なじませると、少し硬くなって

使いやすく、色も濃くでます。

 

和洋折衷な、なんとも言えず、おもむきの有る味のパンです。

見た目も美しい。

 

今日は、これまで、深呼吸を3回してオシマイ。