それでは、チーズの勉強 2 です。

 

ウオッシュタイプ

 

外皮を塩水や酒で洗いながら熟成させたタイプです。

チーズの表面に付いている菌で熟成させます。

これらの菌は分解力が強く匂いが強い為、熟成中は、数日ごとに、

表面を塩水やワイン、ビール、ブランデー等の酒で洗う。

中はマイルドな味ですが、匂いが強烈なため、通向きのチーズです。

 

  • エポワス

 

ウオッシュタイプのチーズの代表格。

フランスブルゴーニュ地方の、エポワス村から名前がつきました。

少しシワが寄った、美しいオレンジ色をしています

 

  • ショーム

 

ウオッシュタイプのチーズの中ではクセが無く食べやすい。

オレンジ色の外皮が特徴。

 

シェーブルタイプ

 

ヤギの乳で作られたチーズ。ヤギ特有の強い個性の有るチーズ。

作りたてから完熟するまで、

どの状態でもその時々の美味しさが楽しめます。

そのまま熟成させたもの、黒い灰の付いたもの、

白カビを表面に植え付けてものがあります。

 

  • ヴァランセ

 

独特な四角錐の形をしています。

 

  • クルタン・ド・シャヴィニョル

 

フランス・ロワール地方の、

シャヴィニョル村と言う小さな村で作られる、

シェーブルタイプのチーズとして、

人気の有るものの一つです。

 

セミハードタイプ

 

。チーズを作る工程の中でプレスして水分を少なくしたもの

保存性が高く、マイルドでクセが無く食べやすいです。

日本でも一般的で人気です。

 

  • ゴーダ

 

オランダを代表するチーズ。穏やかでクセのない味。

熟成タイプは、芳醇なコクと風味が有ります。

 

  • カンタル

 

フランス中部のオーヴェルニュ地方原産のチーズです。

 

ハードタイプ

セミハードタイプよりももっと水分を少なくしたチーズ。

大きく、硬く重量の有るチーズ。

長期熟成により、濃厚な旨味のあるチーズ。

穏やかに熟成が進むので、食べごろが長く続きます。

 

  • アポンダンス

 

アルプス地方の村の名前に由来。

ミルクのコクと味わい。ナッツの香りが特徴。

 

  • エダム

 

オランダのチーズ。 ゴーダチーズの次に生産量が多い。

輸入用には、表面に赤いワックスがコーティングされている

球状のチーズ。

粉チーズとして需要の高いチーズ。

日本でもお馴染みです。 パンにもよく使います。

チーズスティックにしても美味しいです。

 

  • エメンタール

 

スイスの代表的なチーズ。

チーズフォンデュに使われるチーズとして有名です。

 

  • チェダー

 

イギリスを代表するチーズ。世界中で一番生産量の多いチーズ。

 

プロセスチーズ

 

プロセスチーズは、ナチュラルチーズを粉砕、

加熱溶融して、乳化したもの。

この時点で、乳酸菌等の微生物は

死滅するので品質が一定で保存性に優れています。

 

プロセスチーズの味は、

原料になるナチュラルチーズの風味や組織等に左右されます。

材料の吟味合わせ方により、個性的なプロセスが出来ます。

 

使いやすいので、パン作りにも多く使われています。

私が初めて食べた、チーズもプロセスチーズです。

日本では、非常に一般的です。

これでチーズの勉強は終わり、覚えておくと何かと便利です。

 

今日はここ迄 深呼吸を3回してオシマイ。

  シェーブルタイプのチーズとして、人気の有るものの一つです。