穀物の沢山入ったパン

今回は穀物をたくさん入れたパン作りに

挑戦です。

 

現代の人は日本に昔から有る、穀物を

食べる機会が少ないです。

 

日本に外国人が初めてやってきて

日本人の力が有るのに、

ひどく驚いたそうです。

 

米1俵(60㌔)を軽々と持ったので。

どうして其のような力が出せるのか?

不思議だったようです。

 

其の頃の食べ物は、玄米と穀類を中心に

食べていました。

 

穀類の力は、相当なものです。。

 

日頃食べられない、穀類をパンに入れて

少しは食べるようにしたいです。

 

 材料

  • 南部小麦粉      80
  • 南部全粒粉      20
  • 塩             0.8
  • 青大豆        10
  • モチキビ         5
  • ひまわりの種       2
  • オーツ麦         2
  • 丹沢酵母生種       6
  • 水          58

 

  作り方

今回は、塩の分量を半分にしています。

減塩パン対応です。

 

穀類の旨味が有りますので、塩味が

薄くても美味しく食べられます。

 

大豆は150℃のオーブンで40分程焼く。

噛んでみて固くなければ良い。

 

モチキビ、ひまわりの種、オーツ麦、

も150℃で焼いておく。

(それぞれ、噛めるくらいに)

 

すべて冷ましておく。

 

1  穀類以外の材料をすべてボールに入れて

混ぜる。

 

2 よく混ぜ合わせて、ボールの底に粉が

無くなてきたら、生地をボールから

出して、転がしていく。

 

15分~20分転がし、生地が繋がってきたら、

(手6~7センチ伸びるようでしたら)

そこに穀類をすべて入れる。

 

転がしながら、生地に穀類を混ぜ

合わせていく。

 

生地を切りながらでも良いので、

均等に混ぜ合わせる。

 

混ぜ合わさったら、生地を発酵容器に

いれる。

 

捏ね上げ温度を計る。

一定の温度のところに置く。

 

普通の生地より、発酵が早めに上がります。

捏ね上げ温度が高いようでしたら、

冷蔵庫で冷やします。

 

20℃以下くらいが良いです。

発酵温度も18℃~くらいが良いです。

低温での発酵の方が美味しく出来ます。

 

12~14時間位で上面に変化が出てきたら終了。

 

生地を容器からでして、600㌘に分割。

楕円のバヌトンに入れる。

(バヌトンには予め全粒粉をふるっておく)

 

最終発酵をさせる。

30℃~80%の湿度。60分~90分かかる。

全体にふっくらとしてきたら終了

 

焼きに入ります。

直焼きの場合は ピールに粉をふって

生地をバヌトンから出して ピールに乗せる。

クープを2~3本入れる。

 

直焼きでないときは、天板に乗せて

クープを入れる。

 

240℃~250℃で30分~40分焼く

色合いを見て、温度の調節をする。

 

思っているより、濃い目に焼く。

 

出来上がりです。

 

皮の部分がとても美味しいパンです。

全体に香り豊かなパンになります。

食事パンとして食べて下さい。

何とでも合います。