人参のジュースがとても美味しのですが、

飲んだことは有りますか?

癌の食事療法としてあまりにも有名です。

【マックス・ゲルソン】の提唱している食事療法です。

実践している方が多いと見えて、ネットショップでも

無農薬の人参が多く販売されています。

 

ジュースにするには、やはり無農薬の人参が美味しいです。

おろし金ですりおろして、ガーゼで絞るのです。

一本の人参でカップ半分くらいしか出来ません。

ジューサーが有れば便利ですが、取り敢えず、

おろし金で作っています。

 

ジュースを絞った残りのカスを、使います。

まだまだカスと言えども、栄養分は有ります。

ただ捨ててしまうのはもったいないので、

料理に使ったりしています。

カレーなどには入れています。

冷凍して保存しておくといつでも使え便利です。

今回はそれをパンに使ってみました。

 

人参入りのパン。

 

材料  (ご自分の作る量により換算して下さい)

  • 国内産小麦      100
  • 岩塩          1.5
  • 卵           6
  • 人参の絞りカス      30
  • 生種          6

生種の起こし方

  • バター         5
  • 水            45

 

作り方

1 バター以外の材料をボールにいれて、混ぜ合わせる。

まとまってきたら、ボールから出して転がしていく。

2 20分~30分転がす。

 

3 生地が柔らかくなり、手で摘んで伸ばしてみて5㌢程

伸びれば、そこでバターをいれる。

生地をなるべく広く薄く伸ばし、バターを手で潰し塗りつけるように

して、生地につけていく。

生地をまとめて、又転がしていく。

 

4 バターが生地に入ると、べとつかなくなります。

生地の伸びも良くなります。

5 出来ましたら容器に入れて一次発酵をさせる。

22~23℃で12時間ほど、上面に変化が出て来きましたら

終了。

6 分割をして食型に入れます。

型の大きさにより、分割量を変えて下さい。

7 最終発酵させます。 30℃80%の湿度です。

60分~90分で終了。

 

8 焼成をします。 下火210℃ 上火0で

(あらかじめ200℃に上げておいた温度を0にする)

35分で上火を200℃に入れて、5~10分焼く。

焼き色をみながら、終了。

 

出来上がりの、色は、人参の汁が入っていないので

割合、淡白な色です。

パンは、柔らかく食べやすいです。

引きもあまり強くなく、噛み切りやすいので、

サンドイッチ等に適しています。

色もとても綺麗ですから、、。

是非試してみて下さい。

 

今日はここ迄。深呼吸を3回してオシマイ。