永い間パンに関わってきて、

最近とても思うことが有ります。

現在では、大手の工場生産のパンを

食べている人の割合が非常に多くなっています。

個人のお店でパンを購入する人は、

全体から見ると、本当に少ない人数です。

 

パンの大きさについて

パンの大きさも、だんだん大きくなってきました。

食パンに関しては、形は大きくなってきましたが、

一斤の重さが(以前の一斤のパンは450gでした)

だんだん、少なくなったので、

国が基準を設け一斤は340g以上となりました。

(これも暫く前の話ですが、)

 

それでも以前の一斤に比べれば、ずいぶん少なくなりました。

一斤を450gで売っているパン屋さんも有ります。

購入する時は価格だけで判断せずに、

重さも気にすると良いです。

見た目だけ大きく、重さが無いと言うことは、

空気が沢山入っているようです。

 

これは、菓子パンにしても、同じです。

以前のアンパン、クリームパン、ジャムパン、

などは、それ程大きくなかったです。

しかし、ここ何年かのうちに、

2~3倍の大きさになったと思います。

 

大手のパンが出てきて大きくなり、(これは、一種の価格競争です)

コンビニでパンを扱うようになり、

ますます助長されたように思います。

購入する、側から見れば、大きいほうが

、特をした気分になります。

大きいのと小さいのが、

同じ価格で有ればどうしても大きな方を買うのが心理です。

これはパンに限らず、野菜や、魚、でもそうです。

ですから大きくした方が売れるので

、競争でどんどん大きくなっていったと思います。

 

しかし、内容は?と言うと、それこそ、ふわふわで、

軽く、空気ばかりで、どれだけ小麦粉を使っているのか?

と思うほどです。

 

でも最近の若い人たちは、パンと言うとその大きさしか知らないのです。

そして、その、柔らかくふわふわのパンしか知らないのです。

いくら柔らかく、大きい物が売れるからと言っても、

本当のパンの形では無いような気がします。

造り手が、しっかり小麦粉を使ったパンを提供して行かなければと思います。

大きさもさほど大きくなくても、一つ食べれば、

それなりに腹持ちがするパンを作りたいです。

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ。