パンを小麦だけで作るのではなく、穀類などを入れて作ると

栄養価が高くなります。

そして、普通のパンだけてはなくとても

パラエティに富んだ食事を楽しめます。

常にパン食をなさっている方にオススメです。

今回は、オートミール入のパンです。

 

オートミール入のパン

 

材料

  • オートミール     200g
  • 熱湯         200g
  • グラニュー糖      5g
  • 国内産小麦粉     600g
  • 塩           9g
  • 黒砂糖          20g
  • 水          100g
  • ホシノ酵母生種     36g

 

作り方

1 鍋に熱湯とオートミールを入れて日にかけ、約3分煮ます。

終わったら、大きなボールに入れて冷まします。35~6℃位まで。

2 牛乳を35℃位まで温めておきます。

3 牛乳、酵母、塩、黒砂糖、小麦粉と冷ましたオートミールを

すべて、ボールに入れる。

柔らかめですが、すべてを混ぜ合わせます。

ボールから出して、球状にして転がしていく。

 

柔らかくやりづらいようでしたら、

手捏ねは諦めて、ニーダーを使って下さい。

生地のつながりを確認して、容器に入れて一次発酵をさせます。

20℃で11時間くらい、通常の白い生地より早めに出来ます。

生地の上面に変化が出てきましたら、終了です。

 

捏ねているときよりも生地が固くなっています。

容器より出して、400gに分割をします。

生地を丸めて、麺棒で細長い楕円にのばして、巻いていく

綴じ目を下にして、ワンローフの食型に入れます。

最終発酵をさせます。

30℃で60分~90分

 

食型の縁の高さまで、生地の一番上の部分が、

スレスレになるくらい発酵させます。

発酵が終わりましたら、焼きに入ります。

上下に温度調節の出来るオーブンでしたら、

下火240℃上火をあらかじめ200℃に設定をしておいてから、

0に切ります。40分から45分程焼いて下さい。

 

オーブンから出して出来上がりです。

 

すぐに溶かしバターを塗ると表面の皮が柔らかくなります。

2~3時間置いて、パンが落ち着いてきましたら、食べ頃です。

そのままでも良いですが、やはりトーストが美味しいと思います

試してみて下さい

 

今日はここ迄、深呼吸を3回してオシマイ。