私どものパン作りでは、主食のパンが中心ですので、

ラム酒を使う事が余り多くは有りません。

しかしレーズンパンに使ったり、発酵菓子系に使ったりはします。

甘い味というよりも、香り付けがほとんどです。

今までそれ程ラム酒についての知識も、なかったのですが、

(私は下戸でお酒は飲めませんので)

この際色々と調べてみました。

 

ラム酒について

 

ラム酒とは、サトウキビを原料にして蒸留されたお酒。

基本的にはどのラム酒もカラメルを焦がしたような

ちょっとだけ苦味を感じる甘さと、まとわりつくような柔らかな

甘さが有る独特の風味のあるお酒です。

 

ラム酒は一般的にはアルコール度数が40%~50%、

高いものだと75.5%もあります。

微生物などが繁殖しにくいので腐ることがほぼありません。

このような理由から賞味期限の表示が免除されています。

 

製法

1  サトウキビを砂糖に精製するときに、「モラセス」

(サトウキビの廃糖蜜)という副産物ができます。

  モラセスを原料としてラム酒をつくる方法。

  モラセスは長期間貯蔵できるので、一年を通して製造することが可能です。

 ラム酒の約98%がこの製法で作られています。

 

2 サトウキビの絞り汁をを原料としてラム酒をつくる方法。

 製法は、サトウキビの栽培地の近くで、

しかも収穫時期でなければ製造が行えないので、

 生産量が少なくなります。

 

ラム酒の貯蔵による違い。

 

ホワイトラム:内側を焼いていない樽で貯蔵後、

濾過した無色透明なもの。
ダークラム:内側を焦がした樽で三年以上熟成し

、独特の香りで褐色に色づいたもの。

● ダークラムはドライフルーツなどをふんだんに使った発酵菓子、

パン等にピッタリ

 

 パンに使うラム酒

 

  •  ネグリタラム   フランスのラム酒です。 

    パン、菓子に日本ではよく使われています。

  •  マイヤーズラム  ジャマイカ産の本格的なダークラムです。

多くの洋菓子店で使われています。

 

ラム酒の糖質

蒸留酒なので、糖質は殆ど有りません。パン菓子に使うのでしたら

気にするほどの事は有りません。

以上ラム酒についての一通りの事です。

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ