最近は随分多くの種類が出回っている、牛乳です。

さてどの牛乳を選べば良いのか、

良くわからない人も多いと思います。

一昔前に有った、ロングライフ牛乳は余り見かけなくなりました。

ノンホモの牛乳も、すっかり少なくなりました。

安価な加工乳が多くなり、価格も非常にマチマチとなっています。

 

牛乳の種類

 

搾ったままのものが生乳です。

1 牛乳→ 原料が生乳100%で均質化(ホモゲナイズ)

処理をしたのち加熱殺菌した物

2 特別牛乳→許可を受けた牧場で作られた一般の牛乳より成分的に

濃厚なもの

3 成分調整牛乳→生乳から一部を除去して成分濃度を調整したもの

4 低脂肪牛乳→乳脂肪を減らして調整したもの

5 無脂肪牛乳→乳脂肪を0.5%未満迄減らしたもの

6 加工乳→乳製品を加えたもの。(乳製品と水以外は加えられない)

7 乳飲料→生乳や乳製品を主原料に乳製品以外の物を加えたもの。

 

現在日本では、このように分類されています。

内容によって、価格も随分違います。

パン作りに使うのは、1の牛乳ですね。それでもかなり味が違います。

ある程度美味しい味の牛乳を使いたいです。

風味と味の良いのは、低温殺菌牛乳です。

 

牛乳の栄養

 

栄養のパランスが良く、たんばく質、脂質、炭水化物などの三大栄養素に加え、

不足しがちなカルシウムなどのミネラル、ビタミンも豊富に含まれています。

優秀なカルシウム源 コップ一杯の牛乳で一日のカルシウム

摂取量の三分の一は摂れます。

 

たんぱく質は良質なもので、乳脂肪は、消化吸収が良い。

そして、体と脳に大切な乳頭が含まれています。

カロリーは思っ便り少ないので、ダイエット中に、

摂って欲しい食品です。

牛は寒さには強いですが、暑さには弱いので、

乳の味は夏と冬で変わります

 

取扱。

開封後は2日を目安に使い切る。

低温殺菌牛乳は作られてから、5日以内に使い切る。

永く置くと、味に変化が出てきます。

以上のように、様々な要素がありますが、

パン作りには良く使いますので、特徴を知り上手に使いましょう。

 

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ