大型の台風が来るというので、日本中が大警戒。

こちら群馬には、夜中に直撃。

風がひどいようで、屋根が飛ばされたらどうしよう?

なんて今から、恐れています。

以前と違って、日本にも平気で竜巻が起こるようになりました。

 

怖いです。

雨脚が強くなってきました。どうやって防ぐのか?

防ぎようがないです。

 

今日は、日本のパンの原点。

 

あんぱんを作ってみよう。

 

あんぱんの材料。餡は、自分で炊くのが一番ですが、

美味しく炊くには、かなりの技術と経験が必要です。

 

市販の餡でオススメは、 『茜丸』 『ばんば』等です。

ランクが有ります。

ご自分に合った物を購入してお使い下さい。

 

生地の材料

  • 国内産小麦 (春よ恋)    100
  • グラニュー糖         10
  • スキムミルク        3
  • 岩塩            1.5
  • 卵            15
  • 水            38
  • 生種             6
  • 無塩バター        10

(ご自分の作る量に換算して下さい。小麦の種類により、

水分を調整して下さい。)

 

つくり方

 

ニーダーがありましたら、ニーダーで捏ねて下さい。

生地が軟らかいので、手捏ねは少し、大変です。

パター以外をボールに入れて、混ぜ合わせる。

まとまって来たら、外に出して、転がす。

 

麺台につかないように、速度を早めて転がして下さい。

しばらくすると、手につかなくなってきます。

生地が繋がって来ましたら、バターを入れる、

ここも又一苦労、でも頑張ってバターを入れる。

 

生地を切りながら、ぐちゃぐちゃでも気にせずに

転がしていく。

しばらくすると、生地がまとまって来ます。

(初めはどうなる事かと、心配になりますが、

大丈夫です。)

 

バターが入り切ると、生地のべとつきがなくなります。

滑らかに生地が繋がりましたら、終了。

 

捏ね上げ温度を計り、容器に入れて一次発酵をさせます。

25℃で12時間位を目安にして下さい。

上面に変化が出て来ましたら、終了。

 

あんぱんの大きさにより、分割料を決めて下さい。

30g~50g位が良いと思います。

小さいのは、可愛いですし、

大きのは、ボリューム感が有ります。

 

分割した生地を手で丸めて、餡を詰めます。

そのまま 天板に乗せて最終発酵させます。

32℃湿度80%で60分~90分

 

全体が2倍くらいに膨らみ、表面の生地が柔らかくなります。

発酵を終了して、

 

1  生地に卵を塗り、 真ん中に胡麻をのせて焼く方法。

 

2  生地のまん中に胡麻をのせて、クッキングシートを

上からのせて、その上に同じ大きさの天板をのせて

そのまま焼きます。(こちらは、焼き上がると、『おやき』の

ように、平べったい形になります。

 

この焼き方は、最終発酵の見極めが少し違っても、遜色なく

焼けます。(割合に楽に綺麗に焼けます。 オススメ!)

 

焼き温度は、200℃くらい下火を低くして焼いてください。

小豆餡の他、 白あん、うぐいす餡等も 美味しいです。

成形と、カットを変えてバリエーションを作って下さい。

それでは、今日はここまで、深呼吸を3回してオシマイ。