クリームチーズ、は食べやすく人気のあるチーズの一つです。

おつまみにも、食材として、多くのレシピが紹介されています。

パンに使う場合も様々です。

前回は、パンのトッピングとして、使いましたが、

今回は、具材として考えてみます。

 

クリームチーズを使ったパン。

 

1 市販の白餡に、クリームチーズを混ぜます。

比率は、1対1です。

少しでしたら、手で混ぜても良いですが、1キロ以上になると、

ニーダーを使ってください。

白餡とクリームチーズをしっかり混ぜわせてください。

 

2 カスタードクリームとクリームチーズを、混ぜわせる。

レモンの絞り汁を少々加えます。

こちらの比率は、カスタード5に対して、

クリームチーズ1の割合です。

これは、お好みによって、少しクリームチーズの量を増やしても

構いません。

 

カスタードクリームを作り、余り冷めないうちに混ぜ合わせると

良いです。

 

『カスタードの作り方』

 

  • 牛乳      500ml
  • 卵黄       75g
  • グラニュー糖   50g✕2
  • 国産小麦粉    25g
  • コーンスターチ  25g
  • パニラビーンズ  0.5本

① ボールに牛乳、グラニュー糖、パニラビーンズを入れ

とろ火で温める。沸騰させないこと。(70℃くらいに)

 

② ボールに、卵黄と残りのグラニュー糖を入れ、かき混ぜる。

ホイップしないように、柔らかくする。

 

③   ②に小麦粉コーンスターチを入れて混ぜる。

 

④ ①を③に少しずつかき混ぜながら、入れていく。

 

⑤ ④をとろ火で、ゆっくり混ぜながら煮る。

最後に一気に固まってきます。

そのタイミングで、火を止めて出来上がりです。

(この時の時間の長さにより、カスタードの硬さが決まってきます。)

クリームチーズと混ぜるときは、余り冷めないうちに混ぜると良いです

3 クランベリーと合わせる。

 

クリームチーズにクランベリをあわせる。

クリームチーズ        100g

グラニュ糖          20g

クランベリー細かく切ったもの 20g

 

 

これもニーダーで混ぜると良いです。

これらの具材を、少し甘めの生地に包み込んでいく。

30gから50gの分割で、アンパンのように詰めていく。

最終発酵を終えてから、生地の上に、ホワイトペーストを乗せる。

 

ホワイトペースト

材料

  • 国産小麦粉   250g
  • グラニュー糖   50g
  • 岩塩        1g
  • 重曹        1g
  • 水        300g
  • バター       90g

バターは、温めて柔らかくしておく、

水以外のものを、混ぜ合わせる。

水を少しずつ、混ぜ合わせたものに加えていく。

とろりとして混ぜ合わされれば、出来上がり。

 

どの具材を使っても美味しいパンが出来上がります。

 

ぜひ試してみてください。

今日はここ迄深呼吸を3回してオシマイ。